で も し お   限 拝 こ 頂   只 れ し 不 同 り 上 が の る 今 せ ら 過 教 事 そ 今 受 を 嘆 こ 俄 と と 成 御 役 爾   米   活 充    ┐顧 創 も す め 親 に こ   F 
 お 広 の 見 親 り し の き 一 今 ま 下 思 が つ に て 充 目 日 て 部 ぎ 会 情 の 日 け 偲 き の な こ め   用 員 来 日 の 現 動 分 横 十 み 立 忘 お 下 神 天 れ   i 
 願 く 輪 せ 神 力 て 上 ま 同 か す さ 議 東 と つ 三 実 標 の 頂 内 し と 教 後 に て び に 世 出 ろ さ 昭 に よ   奉 神 在 に の 浜 カ ま ○ れ 陰 さ 様 理 の   l 
 い 大 が 頂 様 の   は す 心 ら よ る な に め く 年    栄 き 一 ○ い 会 教 至     教 を 直 が せ 和 も ふ 親 告 殿 地 真 ま 市 所 す ○ る に い は 教 神   e 
 申 き   き に 限 に 更   の 過 う 信 お 西 切 し 半  す え ま 同 ○ う 整 祖 っ 昭 上 会 去 し   て 五 総 ぼ 神 祭 兼 五 実 ゝ 保 の れ 周 こ よ ま 陽 △ 床    
 し く こ   は り ほ に   襟 ぎ お 神 働 に ら の 余 各 な あ す 心 年 名 理 百 た 和 級 が っ に さ 頂 十 力 く 様 が 教 百 の 設 土 名 ば 年 と り し 気 △ に   七 
 上 拡 れ そ 私 伏 い 一   を し 導 和 き 南 せ 上 り よ わ る   を 間 称 と 年 の ○ 会 一 た 続 ぁ く 年 を 一 の 執 職 平 限 立 ヶ 称   記 な 漸 た 遊 分 目   四 
 げ が の の 達 せ が 手   正 ○ き 楽 深 に て に 後 ふ ち 記   一 の の し 祭 で ○ 長 時 の き 九 こ   注 同 思 り 舎 方 り さ 谷 設 昭 念 く く が 山 教 標     
 ま っ 教 人 の 込 け 一   し ○ の 親 い 北 頂   に ぼ  念   つ あ 理 て 直 あ 年 様 唖 で   十 と   い   召 行 が 米 を れ 区 立 和 祭 朝 今   を 会 と   部 
 す て 会 々 馳 ま お つ   て 年 程 子 親 に き 或 迎 く 大 祭   に の を 当 前 り 十 始 然 あ そ 年 が 月 で 酷 し わ 完 の 伏 た  └  ○ を 夕 日 そ 見 長 し   内 
   参 周 の せ せ た と   陽 間 を 団 心 馳 た い え 家 教 今   揃 日 受 教 の ま 月 め と り の 祭 出   い 暑 を れ 成 境 せ 教   の ○ 執 御 迄 の た   て   記 
   り 辺 心 巡 て す な   気 の 一 欒 を せ い は ま 庭 会 後   え こ け 会 昭 す 二 役 な ま 一 へ 来   る 厳 取 た し 内 込 会 町 お 年 り 礼 成 後 い   お   念 
   ま は は る 頂 け り   に あ 同 の 賜 巡 と 匂 す よ 神 の   て の   部 和   十 員 り す 月 と ま 日 中 寒 次 次   地 む で の 声 四 行 申 人 も と   鎮   祭 
   す も 次 先 き に 一   勇 の と 陽 り り 固 い 教 り 殿 新     日 そ 内 六   六 よ ま   後 勇 し 鎮   を ぎ 第 昭 が 中 あ 借 を 月 う し さ 限 思   ま   祭 
   よ と 第 々   勇 層   ん 日 共 気   ま く が 祖 別 ふ た   て を の の 十   日 ふ し ま   み た 座 二 厭   で 和 与   り 地 体 二 喜 上 せ り 召   り   文 
   う よ に に 教 み 教   で こ に ぐ 又 す 心 け 年 席 し な   を 思 会 ○ 年   私 ぼ た さ 前 に   祭 階 わ 教 し ○ え 不 ま 借 し 十 び げ て な さ 慎 下     
   お り 更 不 勢 立 祖   た の 慎 ら 人 た を お 祭 者 ん 飛   ど い 長 ○ 十   が く が し 会 勇     建 ず 祖 た ○ ら 思 し 家 て 六 の て 頂 い れ ん さ     
   導   ま 思 の ち ひ   す 日 ん し 々 す 定 救 に を へ 石   り 起 に 布 一   二 一   く 長 み   翌 て   ひ   年 れ 議 た な △ 日 日 お き 親   で い     
   き 所 り 議 伸   な   け を で の の け め け 向  の と   を こ 就 教 月   代 同 教 暗 の 立     の 続 な   三   \ が が △   と り ま 心 無 申 ま     
   の 属 思 \ 展 旬 が   つ 改 お 世 心 一 て の か を 伏 し   陽 し 任 所 二   会 か 祖 夜 が っ     神 く が   月 更 /   ら △ 上 相 ま し を い し す     
   程 の 召 / を 々 た   と め 願 の は 条 居 上 っ 三 せ 跳   気 感 致 長 十   長 ら ひ に そ た   日 殿 教 た     に な そ   △ 級 成 す た 以 人 上 親     
   を よ し な 計 の の   め て い 状 次 の り に て 代 込 躍   に 謝 し △ 六   の 真 な 灯 の 矢   奉 百 祖 の     こ 理 の 又 を か り が 御 て 間 げ 神     
   一 ふ 下 理 っ 理 道   を 思 申 が 々 先 ま 心   指 み 台   勇 し ま △ 日   御 実 が を 後 先   告 五 八 道   日 の の 後 内 初 ら ま   高 お 無 ま 天     
   同 ぼ さ の て の を   つ い し 一 に 々 す の ひ 針  と   ん つ し △ に   任 溢 た 失 を     祭 十 十 を   鎮 地 動 教 容 代 お し 本 恩 育 い す 理     
   と く る 動 参 御 更   と 起 上 日 更 に が 限 の と  し   で ゝ た △ は   命 れ の っ 追 △   を 平 年 伝   座 上 き 祖 も 会 打 た 日 の て 世   王     
   共 の 陽 き り 用 に   め こ げ も ま い   り き し お て   つ     が 大   を る 道 た う △   盛 方 祭 え   祭 に を 七 極 長 ち   は 程 下 界   命     
   に 近 気 を ま に 身   さ し ま 早 り よ 私 力 し て つ 新   と 只   ○ 教   戴 激 す よ が △   大 米 の つ     百 受 十 め と 出   当   さ を   の     
   慎 隣 ぐ 次 す 心 近   せ つ す く 思 い 達 の ん   と た   め 今   ○ 会   き 励 が う 如 △   に が 旬 ゝ   翌 平 け 年 て し し   教 片 い お   御     
   ん に ら 々 が の に   て ゝ   訪 召 よ 一 限 の や め な   さ か   分 の     を ら な く の   つ 落 の       方 て 祭 不 て の   会 時 ま 創   前